【求人】ガールズバーで働くなら求人情報の「ココ」を見て!


時給や夜も働けるという条件からガールズバーでのバイトを希望する子も多いかと思いますが、はじめて働く時はどんな仕事なのか、安全に働けるのか色々心配ですよね。
まずは求人情報で必ずチェックして欲しいところについて解説していきたいと思います。

時給

できるだけ時給が良いところを選びたいと思いますが、同じエリアのお店の中でも時給が高いところは何か別のサービスをしていたり、露出度が高い制服を着なくてはいけないなどウラがある可能性もあります。きちんと調べた上で応募しましょう。

またバイトするにあたっては、「お金を稼ぐため」というのが第一目的の人もいますが、中には「人と話すのが好きだから」とか、「お酒を飲むのが好きだから」とか、人脈を作るため、という人もいるかもしれません。そういう場合は時給以外にどんな雰囲気のお店なのかも合わせてチェックしておきましょう。

ドリンクバック

ガールズバーでは時給の他に「ドリンクバック」という給与制度があります。これはお客さんにお酒などの飲みものを奢ってもらうと、その何パーセントかが給与として支払われるもので、歩合制になっています。
中にはドリンクバックがないお店もあるので、ドリンクバックで稼ぐつもりの場合は必ずチェックしておきましょう。

送迎

ガールズバーは深夜までお酒を提供できるお店。仕事が終わる頃には電車が走っていない場合もあります。またお酒を飲むので自分で運転して帰宅するのも絶対NG。かといって毎回タクシーを使っていたら、働いただけ損してしまう可能性もありますね。
そういう時はスタッフによる送迎があるお店を選ぶといいでしょう。
LAST(明け方)まで働く場合は始発で帰ることもできるので、働きたいと思ったお店に送迎がない場合は明け方まで働いてしまうのも手です。

服装

ガールズバーで働く時は、その店が用意した制服を着用したり、その店のカラーにあった私服を用意する必要がある場合があります。
求人にも「私服風」や「制服貸与」など条件が書いてあると思いますが、どんな制服の貸し出しがあるのかは求人情報に掲載されていなければ公式サイトなどでチェックしてみてください。露出が多い衣装を身に着けないといけない場合もあるので、嫌な場合は避けるようにしましょう。

体験入店してみよう

体験入店とは、お試しで働くことができる試用期間。もちろん試用期間でも働いた分のお給料をもらうことができます。どんな仕事でも一度実際に働いてみないと自分に合っているかはわからないものですし、実際に働いている子に話を聞くチャンスです。
はじめてガールズバーで働く場合はもちろん、お店を移りたいと思っている場合でも、できるだけ体験入店をしてお店の雰囲気を掴んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする